INTERVIEW

葵マリーさん・1

葵マリーさん・1

葵マリーさん・1

女王様としてのショー活動のほかにも、ビデオへの出演・監督などでもご活躍されている葵マリーさんにインタビューをさせていただきました。

●現在の活動を教えていただけますか?

葵マリーさん:主に、プロデューサー・監督です。あとは、ライターやショーをやっていますね。

●ショーと映像の違いというか、マリーさんにとっての感覚の差ってそれぞれどういう部分にありますか?

葵マリーさん:ショーは、自分を見せるモノじゃないですか、だから力が入りますよね。AVは企画が重要だから、アイディアの出し方がすべてですね。そういった違いです。全然別物.

●やりたいことを決めるときっていうのは、何かきっかけとかあります?

葵マリーさん:きっかけというより、女の子によってイメージが出てくる。たくさんあるやりたいことの中で、女の子のイメージとそれが合致したらやる、という形です.

●衣装に関してはどうですか? ご自分で買われたりするんですか?

葵マリーさん:そうですね。自分で買いますよ.

●自分のイメージと合うものがなくて妥協したり、ということはしないですか?

葵マリーさん:ああ、無いです。それは無い。意地でも見つけるから(笑)。無くて諦めるっていうことは無いですね。見つかるまで探しますよ。で、絶対見つける。 諦めたりはしないから、いままで(衣装が)見つからなかったっていうことはないですね。一度も.

●ショーの流れというか、構成みたいなものはどういった形で決めているんですか?

葵マリーさん:最初にイメージがあるんです。それにあわせて決めていく、という形。おおまかな流れは大抵決めますね。細かいタイミングなんかはまたそこに合わせて、という具合で。

●ハプニングは起きたりしますか?

葵マリーさん:多いですね。けっこうおきますよ、予期せぬハプニングが.

●例えばどんな感じですか?

葵マリーさん:例えば、シースルーの長いやつが燃えたりとか(笑)。火にまつわるアクシデントが本当に多いですね。舞台が火事になったこともあって.

●舞台が火事!! それ大丈夫だったんですか?

葵マリーさん:一応なんとかなったけど、けっこうひどい事態だった(笑).

●火以外でハプニングってあります?

葵マリーさん:あとはストリップで捕まったことですかね(笑)。いろいろありますよ。

●アクシデントってつきものなんですね〜。

葵マリーさん:つきものですね。絶対何も起こらないっていうことはないから….

●ショーをやって感動したこととか、ショーでの醍醐味みたいなものがありましたら教えてください。

葵マリーさん:やはりナマの人間と接するというのが感動です(笑)。あとショーではありえないアンコールがあったときとかは感動しましたね。けっこう泣いたりもして.

●マリーさんが泣いた!!

葵マリーさん:あの、AVでもキツイ撮影をやり遂げた女の子に対して感動して泣いたこともあるんですよ。けっこう感動してますね(笑)

NEXT