INTERVIEW

モード・エ・バロック 薫さん・3

モード・エ・バロック 薫さん・3

モード・エ・バロック 薫さん・3

●薫さんはイベントなんかで見かけてもいつもこう、キレイでゴージャスなイメージなんですけど。

薫さん:そうですか? 普段着ですよ(笑)。パンツとかはいてますし。

●普段着にこだわりとかありますか? 普段のファッションで。

薫さん:とくにないですね〜、こだわりというものは。好きなブランドなんかも無いですし、サキュバスの衣装はいいと思います。自分に似合えば着たいですね。

●たしかに、薫さんはハードなイメージがありますよね。

薫さん:そういうイメージが最近なぜかついてきましたよね。鎖とか使ってるからかな。あれって骨とか砕けるじゃないですか? 思いっきり振ったら危ないですよね。撮影用にはいいと思うけど、普段から鎖とかはないですね。

●あと薫さんって和服が似合いますよね。

薫さん:好きですね、和服。ただ、ショーはさっきも言ったとおり、動きにくくて疲れちゃうし、汚れたら困るからなかなか着られないんです。バロックだと着付けの時間がとれないので、そういった意味でも難しいですしね。最初から仕込んでいけば可能かもしれないけど。

●なるほど。次のショーでは何か考えてますか?

薫さん:3月の(DX歌舞伎町)は急に決まったんですけど、ステージがちょっと狭い感じなので、もっと動ける場所でやった方がいいなっていうのはありますけど、特にまだ考えてないですね。オーソドックスな縛って叩いて、っていうイメージのSMだけにとらわれないショーをやっぱりやっていきたいですから。今一番ショーがおもしろい。やっていてすごく充実しているというか、楽しいです。あまり長時間やっていると疲れるので、適度に休めるようなショーだともっといいですけど(笑)

●ショー、観ていてもすごく楽しいですよ。

薫さん:逆に、bambiちゃんは何が一番今楽しいの?

●私はポールダンスが今おもしろいです。ポールまで自宅に買ったんですよ。薫さんはポールダンスとかは興味ありますか?

薫さん:やったことがないからわからないけど、おもしろいかもしれない。私の場合はポールに(M女を)縛り付けて回したりとかしそうだけど(笑)

●やっぱりSMなんですね〜。ショーの流れっていう点に関してはどうですか?

薫さん:流れを組むときは、まずそのショーのストーリーだとか設定だとかコンセプト合わせてっていうのがありますね。そのショーのカラーを考えて組んでいきます。

●そういう際に衣装はどういう感じで選ぶんですか?

薫さん:衣装も同じですね。でも衣装はいっぱいあるんですよ。M女用のも自分で持っているんで、いっぱいになってますね、家が。あとSM用のクローゼットがあって、ローターとか道具関係が入っているクローゼットなんですが、予備の道具がたくさんストックしてあるんです。買うときは10個とか20個とかってまとめ買いするんですよ。だからそういうのでパンパンになってる(笑)。整理したいです。ムチは10本くらい持ってますけど、使うのは数本ですね。バロックにも置いてありますし。
モード・エ・バロック 薫さん・3

●こういった、コルセットみたいなものは?

薫さん:主にインポートのやつですね。きつめでガッチリしたやつが好きです。

●うちで扱っているコルセットはいろいろ種類があるんですけど、人や用途によっても変わってくるものなんですが、薫さんのショーにはどうですか? ガッチリした感じのやつで。

薫さん:わりとショートな感じなので、動きやすそうですよね。なんでガッチリしたやつにこだわるかというと、やわらかいものだとこう、折れてしまうんです。ダメになっちゃうのね。だからなるべく折れない硬いやつを選んでますよ。

●なるほど。うちのもなるべく折れにくくしなやかな物を使っています。コルセットはどれくらいの頻度でつけていますか?

薫さん:常に着けてますよ。持っているのも10着くらいあります。ただ、素材は違いますが、色は全部黒ですね。やっぱり、合わせやすいんですよ、黒が一番。

●着せ替えごっこできるぐらい持っているんですね〜。靴はやっぱりヒールのしっかりしたやつがいいですか?

薫さん:ピンヒールは危険なのであまり今は履かないですね。靴はやっぱりけっこう買ってしまって、かなりかさばっていますよ。

●コーディネイトする際のポイントはどんなところですか?

薫さん:身体のラインがきれいに見えるように組み合わせるっていうのが第一ですね。ショーのときは動きやすいものっていうのが基本です。あとは色の組み合わせですね、それぐらいです。

●今こういう、うちのようなショップはネットでのお客さんが多いんですけど、薫さんがネットで買い物するとして、どういう感じで購入されますか?

薫さん:まず、写真を見て、その後問い合わせてみますよね。サイズとか。靴の場合は大体合うんですけど、服はやっぱり問い合わせます。前にファスナーがついてないロングブーツを買って困ったことはありましたけど(笑)。もともと靭帯が弱いのに全然脱げなくて。ああいうの履く人ってでもいるんですよね〜。

●ものすごく脱ぎにくいですよね。薫さんは部屋の家具とかはこだわりますか?

薫さん:家具は黒系ですね。でもとくにこだわりっていうものは無いです。SMクローゼットがあるくらいで。

●食事はどうですか?

薫さん:外では肉食、家では野菜という感じです。家で食べるのは多いですよ。料理はするほうだし。実はイメージと違ってけっこう食べます。

●何か他にアピールしたいこととか、薫さんのこれだけは言っておきたいことってあります?

薫さん:ええと、難しいですけど、ともかくバロックのショーを観に来てほしいですね。会場次第で内容もがらっと変わりますし、会場は事前に必ず見ておきたいですね。それによってショーがきまるものだから。

●最後に、薫さんにとってSMというものはどうあって欲しいと思っていますか?

薫さん:難しいですね。一般の人に『SM』という単語が浸透していますが、本来の秘め事的な部分、そういう淫靡な意味での『SM』というものも残っていてほしいというか、そうもあってほしいと思いますね。ただ、二人の、SとMとの個人的な関係の中では本人達が満足していればそれでいいと思います

●ありがとうございました。


PARADOX
薫さんはモード・エ・バロックをお辞めになり、ご自身のお店をオープンされることになりました。
3月6日オープンです。詳細は下記の通り。

Fetish bar Dolce
fetish Bar 「Dolce」ドルチェ
106-0032
東京都港区六本木3-15-24 BOX六本木501
03-3408-3547
3/6(火)20:00〜5:00 opening party
料金 男性10000 女性3000フリータイム&フリードリンク
SMshow、サスペンションLIVEなど。